2020/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 

 

sgft081aaa.jpg

 

SGFT081 FLANNELS INDIGO

 

 

染めはSGF401"TADEAI"と同じ、蓼藍による本藍染め

手作業により重ねて染めていく

 

インディゴのネルということで染めの方法は初めから決めていた。

 

しかしながら、どの濃度にするのか?

着込んでいくうちの色落ちのバランスも重要

 

初めからきれいな青色にするのか

濃度高めで着込んでいくうちに色落ちが進む形にするのか

 

いくつかの濃度版を上げたが最終的に選んだのは下記の濃度

 

 

sgft081sso1.jpg

 

 

sgft081sso2.jpg

 

 

 

 


comment