2020/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 




SGFT031 RAILROADER JKT 


多くのブランドがこのアイテムには挑戦している。
多くのアイデアソースがあり、
メーカーはそこから着想を得て作り上げていく形をとっている。

シアーズ、ヘラクレス、ビッグマック・・・

そのままズバリを作ろうとするブランドが大多数を占めるが
長い歴史の中で生まれたディティールは見ていて面白いし完成度も高い。


ディティールの完成度の高いブランドに例外無く言えるのはシルエットに対する無頓着さ。


ワークウエアの代表的なアイテムだから、シルエットにこだわる必要も無いとの意見もある。
それがカバーオールなのだという考え。


たしかにそれも一理はあるが

SGFで挑戦するならば
ワークアイテムの代表的なアイテム「カバーオール」を
歴史的な重みを残しながらそぎ落としていく。
そして、ワークウエアの匂いを残しながら、ソリッドなシルエットを作りあげていく。


これならば
SGFでこのアイテムを作る意義が出てくる。




SGFT031 RAILROADER JKT  


SGF501 WORKERS XXと是非セットアップで着ていただきたいですね






comment









trackback