2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 



SGFM013 LEATHER LUMP WALLET 


ウォレットというアイテムの特性上
私自身もそうだが、ジーンズ好きにも多いと思うが
後PKに常に入れている。


後PKに入れるために
厚い革を使ってどれだけ使い勝手の良い構造にできるか?
それを考えて生まれたディティールが

1枚の革から2つのポケットを作る削ぎ落としの構造だったり
取り出しのできるインナーパートだったりする。


財布の大きさも
ちょうど日本紙幣がギリギリ収まる大きさを何度となく調整。

よってこの厚い革を使いながら

SGF201 SADDLE RIDE に絶妙なバランスで収まる。


SGFでウォレットを出す意義としてボトムとぴったりと合うことも重要な要素。






上記
SGF201 SADDLE RIDE  32インチ のPKにはやや余裕を持って入る。
上部の見え方もちょうど良い。

32インチと30インチのPKは同じ大きさなので
(28インチと26インチはPKは同じ大きさ)


30インチと28インチのポケットの大きさは横で1cm  縦で1cm


26インチまで財布の中にものを詰め込まない限り入る。


つまり、SGF201 SADDLE RIDEの全サイズの後PKに対応。
 SGF201にぴったりと合うウォレットと言える。
(ただし28インチと26インチは一度財布を入れてみて試してみる必要があるが)


よって、これよりも後PKの大きなモデル。
SGF501,401等には文句なく収まる。


しかし、
旧SGF201,SGF101の後PKの場合、32インチではこのようになる。





32インチ、30インチまでならなんとか入るが(バランスはやや悪い)
26インチ、28インチは入らない。


そんな着用者様の為に
財布幅を選べるように設定。

L  レギュラーサイズ
N   ナローサイズ(幅のみマイナス1cm)
S  スモールサイズ(全長マイナス1cm  幅1.5cmマイナス)


ただし、中の紙幣に関しては入れ方を工夫する必要はある。


Lサイズは
新しいSGF201の全サイズに対応。旧SGF201は30インチより大きいサイズに対応。
ただし、新タイプの26インチ、28インチ。旧タイプの30インチ、32インチは多くものを入れることができない。

Nタイプは
旧タイプの28インチ、26インチにも対応。
ただし、後PKから覗くウォレット分量のバランスを考える必要がある。
Lサイズでは入るかどうかやや不安な方へおすすめ。

Sタイプは
旧タイプの26インチや28インチの方に対応。


SGFのボトムにすべて対応できるサイズを揃えた。



不安な方は是非ワークスペースにてご確認ください。








comment









trackback