2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 




SGF201 SADDLE RIDE 

今週中にはHPにて御紹介させていただき、来週より予約を開始する予定です。


質問をいくつか頂いていますが「クロスシルエット」が良くわからないとの意見もちらほら。

簡単ですが説明いたします。



人間、特に男性は、O脚気味。
よって、ボトムのワタリから下部分も内側にカーブさせたほうが実際には穿きやすい。
しかし、大量生産、直線のほうが生地を使う量が少なくて済むとの理由から、ほとんどのボトムはワタリから下は直線である。

いわゆるバナナシルエットといわれるワタリから下のカーブであるが
よりきつくし、裾部分で交差させているので「クロスシルエット」

普通の生地でここまできつくすると逆に穿きにくくなるのだが

キバタデニムを使っているので、しっかりと縮んで身体に馴染んでいく点と、大きくねじれるので
このくらいカーブさせておく必要がある。

キバタという生地の特性ときつめのカーブがうまく合わさってできるシルエット






裾部分は裾上げをすることを想定して、やや直線的に設定。






脇、部分はクロスシルエットの生地のうねりと特殊仕様の脇割によって
独特のアタリがでる。

SGF独自の脇アタリ。


comment









trackback