2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 穿き込み報告

SGF201 I氏


続き。

惚れ惚れする裾を紹介。

どのような穿き込みをしているのかわからないが
裾のクッションが絶妙なのだろう
良いアタリ感である。




ダメージも出てきているが
ハードな印象の裾なのでこのままボロボロになるまで穿き込んで欲しい。






キバタ独特のこのねじれ。



comment









trackback