2020/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 



SGFT012 SADDLERIDE ALL IN ONE

後身。

ヨーク切替と、縦の切替が共に巻き縫い。
直線的でシンプルなバックスタイル。






この画像ではヨークの切替と身頃の切替が繋がっていないが
最終的に綺麗なラインになるように修正。


生地が重なり厚くなるので縫いにくい箇所にはなるが
綺麗に繋がるように調整。





前タテ。

SGFT016ではセルヴィッジを使っていた箇所だが

ボトムの脇部分でセルヴィッジを使うこともあり
全体のバランスを考えセルヴィッジ使いをやめた。

適度なセルヴィッジ使いはアクセントになるが使いすぎはなんだかいやらしくなる。







前タテ上部は綺麗なラインを描きながら、身頃の巻き縫いに収まる。
通常のオールインワンではこのような手間のかかる綺麗な縫い処理はしない。
SGFでオールインワンを出すことに意味を持たせるディティールだ。






次回ご期待ください。

comment









trackback