2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>




sgft016 saddle riders JKT



襟仕様を紹介します。

襟にもいくつかの隠れた仕様が。





襟にはトレンドがあり、襟ひとつで古い印象になったりする。
あくまで長く飽きることなく着てもらうようにあくまでオーソドックス、しかし野暮ったさのない襟を目指しバランスをとっていく。


まずはワンウォッシュ前の襟をご紹介。









気づいた人もいるかもしれないが
襟周りに立体感が。
通常のGジャンんの襟よりもふっくらしている。





SGFのジーンズで採用している膨らみベルトループや、2本線押え部分の中高仕様を、襟周りに採用。

アタリ感も独特で色落ちの楽しみなディティールになってくれるはずである。


この仕様が、ワンウォッシュ後の襟に独特の変化を生む。
(ワンウォッシュの襟は次回紹介します)


この仕様によって、襟に張りが生まれ、襟が立ちやすく、立体感を生むのにも一役買っている。





実際に着て、襟周りの立体感を感じて欲しい。


次回、ワンウォッシュ後の襟周りを紹介いたします。




comment









trackback