2020/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

穿き込み報告


sgf007 DI-stream boots


じっくりと穿き続けているsgf007

ジーンズに関しては
sgf101,sgf201,sgf501の試験穿き,sgf101生穿きの次に穿いているので
頻度は少ないがコンスタントに穿き込んでいる。

スビン綿使用の生地なので、穿くほどに柔らかさが出てくる。
柔らかさのせいか、穿き込み頻度のせいか、
左綾ではないがLeeっぽい色落ちが特徴的だ。


レプリカ好きにとっては少し物足りないかもしれないが、すっきりと穿きたい人にとってはぴったりの色落ちである。


少しわかりづらいがフロント部分。






シルエットがすっきりしているので、派手なベルトでバランスをとっているのか自分でもわからないが、ピラミッドスタッズのベルトが定位置になっている。



バック部分。






フロントアップ。




綾がたっているので
綾をひろう色落ちをする。
次第にタテ落ちになっていくが、点落ちの部分も場所によっては多くなる。









コインポケットにはジッポ。

出張や旅行に行った際に、コインポケット用のジッポを買うのが密かな楽しみになっていて、
あえてジッポをわざわざ買うことも無いが、出張先の思い出をジーンズに取り込める気がして楽しい。



次回ご期待ください。





comment









trackback