2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

穿き込み報告


 sgf401 heavy work trousers キャメル


今回はバックをメインに紹介します。





玉縁ポケットのアタリ感。
スレキ跡が予想以上のアタリ感を出す。
玉縁のアタリもしっかりと出ている。

ジーンズのような貼り付けポケットではないのでヒップ部分の間伸びが気になっていたが、しっかりとアタリ感が出て雰囲気が出てきた。






キーフックの汚れとアタリ感。
二つ楽しめるのが楽しい。


膝裏ハチノス。




良いグラデーションだがやや強い。
(やはり自転車の影響。ごつい生地なのでアタリ感が出やすい。
この生地に関しては自転車よりも歩きのほうがきれいなグラデーションになりそうだ。)


ボタン。





ボタンがすれてメッキがはがれてくると、鉄製なのでやがて錆びていく。



スレキの品質表示。






じっくりと穿きこんでいきたい一本だ。

comment









trackback