2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 



SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADEAGED


ご予約ありがとうございました!
予約締切いたしました。

最後ギリギリでご予約してくださった方も居られ、
今後は、初めから締切日等をしっかりとご連絡したいと思います。

数名ですが、質問いただいたままの方もおられますので
その方に限り本日中に頂ければ幸いです。

それでは商品完成までお待ちください。

ありがとうございました。

 


SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADEAGED 


予約ありがとうございます!

本日6/9  23:00まで受け付けておりますので
興味のある方は是非ご検討下さい。


生から着込んでいくのが基本ですが
加工モノを着込んで自分のものにしていくという楽しみもあります。

お渡しは秋口を予定していますので
秋から冬に向けて着込んでいただければと思います。


 
SGFT018

SADDLERIDE SHIRTS FADEAGED

予約開始いたします!
詳しくはホームページをご覧ください。


5/31(金) 23:00〜 一週間程度

今回も期間限定となりますので
是非じっくりとご検討下さい。


SGFT014 SADDLERIDE SHIRTS
SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED

そして
SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADEAGED

私自身もこの3つのシャツを秋口に向けて着込んでいく予定です。


HP紹介からだいぶ時間が空いてしまったので
着用画像を。











お渡しは秋口になる予定です。
来年の春に向けて着込んでいくのもありだと思います。


是非ご検討下さい。




 




SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED


着用続き。

直線的な切り替えで構成される後身頃。
パッカリング等の生地の質感が際立つ。














発売時期の問い合わせをいくつかいただいていますが
SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHEDが皆さんの手に渡り
着込みが始まってからの予約開始となります。
今しばらくお待ちください。




 



SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED



着用サイドから。


















 



SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED 


洗い加工の完成度はやはり着てみてなんぼ。

SGFT014からのシルエットの修正点として
SGFT015同様
‖犠罎2cmプラス
着丈を1.5cmプラス
AHカマを1cmプラス

しています。





34インチ着用(180cm 86kg)














 



SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED


台衿先につくギボシ。
SGFT014では濃インディゴにあう真鍮ニッケルメッキ
SGFT015ではオフホワイトにあう真鍮ゴールド

SGFT018では真鍮ブラックニッケル。




薄いインディゴを引き締める。





取り外し式の菊穴処理なので、チェンジボタン等にも変更できる。




SGFT014では背中心にはレザーラベルがついていましたが
洗い加工で耐えきることができないため、ネーム仕様に。





レーヨン製のネームはブリーチで色抜けが進行。





さりげなくみえる

SGF BY DENIMSMITH

BORN IN KOJIMA

の文字。


次回、着用写真紹介していきます。





 



SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED


SGFT014と比べて変更点を紹介します。

まずはボタン。


鉄製のボタンなので加工によって錆びる。
いくつかのバリエーションでメッキしたボタンを試してみたが
ソリッドタイプでは錆びすぎた。
黒塗装3層ボタンを加工すると、ブラックメッキが若干残り絶妙な雰囲気に。
(もちろんボタンによってばらつきは出ます。)




若干残るブラック。

よってオール3層ブラックブルズアイに。






ボタン裏のレザーパッキンは縮み、下受けから若干除く程度になる。







リベットもいい雰囲気に。





 

SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED


衿同様に芯替りにシャンブレーを使っている箇所。

前立て、そして袖口。

キバタ、シャンブレー、綿糸縫製の効果で立体感のある仕上がりになる。












雰囲気のあるシワ感。

縫製糸は埋もれ、退色する。


そして、袖口。







こちらはシワ処理もしているので更に立体的に。




 



SGFT018 SADDLERIDE SHIRTS FADE AGED



\乎呂13オンス以上の色落ちを目指したキバタであること。

⊃弔梁悗蠅縫轡礇鵐屮譟爾鮖藩僂靴討い襪海函

6渕りの中高仕様。


によって
立体感のある衿となる。
キュッと縮み大きくねじれが生まれる。










衿にふくらみが出て、雰囲気が格段に良くなる。

衿は、着用時の雰囲気を決める大事なディティール。

着てみるとその立体感は一目瞭然です!