2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 


お知らせ


SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED

大変お待たしいたしました。
生産から上がり発送準備が出来ましたので
今週末までに順次発送のご連絡をさせていただきます。

ホワイトシャツなので
いろいろなボトムに合わせやすいですが
私自身はホワイト&ホワイトをメインに、洗い込みを増やし
ヴィンテージ等であるなんともいえない雰囲気のあるホワイトにしていきたいと今から意気込んでいます。







 


SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED

たくさんのご注文ありがとうございました!

来週より生産に入ります。

お渡しは3月中〜末を予定しております。


少々お待ちくださいませ。


今週のワークスペースは通常通り営業いたします。

2/9(土) 16:00〜21:00
2/10(日) 16:00〜20:00

是非お越しください。



 




SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED


ご予約ありがとうございます!
SGFT014からの継続の方が多く嬉しく思います。
2/8(金)まで予約を受け付けていますのでご検討中の方は是非。


SGF401 HEAVY WORK TROUSER のオフホワイトが人気が無いので
このホワイトシャツはどうなのかな?と思っていましたが
多くの方々に興味を持っていただき感謝します。

中には「ホワイト オン ホワイト」
つまりSGF401オフホワイト × SGFT015 オフホワイト 

で着ていくという方もおられ

想像しただけでもやばいです。

デニムオンデニム以上に着る人を選ぶ組み合わせになりそうです。

近日試してみようと思います。






別途、SGFT014 SADDLERIDE SHIRTSのメンテナンスも行っております。
トップスなのでそのサイズ感等難しい部分もあるかと思います。
その為に、着なくなってしまうのはもったいないので是非ご相談ください。

多い事例として
身体に比べて小さいサイズをタイトに着られている方に多いのですが
肘部分がきついというものです。
着ていくうち馴染みますが、どうしてもきつすぎるという方には、腕部分のストレッチング(伸ばして腕周りを広げる)等も無償で行っていますので(送料はかかります。)
是非、永く着ていただく為にも、遠慮なくご相談ください。





 



SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED 


多くの問い合わせ、ご質問頂きありがとうございます!
同時に、多くのご質問をいただいたというこはわかりにくい部分があったということで
申し訳ありません。


SGFT014 SADDLERIDE SHIRTSとの違いについて

SGFT014はブルーデニム、SGFT015はオフホワイトデニムですが


SGFT015はSGFT014に比べて

ウォッシュ後の状態

袖丈が1.5cm長くなっている。

袖幅(腕周り)が平置きで0.5cm、腕一周で1cm大きくなっている。


それ以外の部分に関しては、同じサイズ感となっております。



ウォッシュ前の状態では
オフホワイトの生地の方が良く縮むので、SGFT015の方がサイズが大きくなっています。
よって、着用者様の洗い環境の違いにより、縮みきっていない場合には
ファーストウォッシュ後の段階では大きく感じる可能性があります
数回のウォッシュのうちに、徐々に縮んでいきます。


生地を比べると
SGFT014のブルーデニムに比べ、SGFT015のオフホワイト生地の方が硬いです。(オンスは同じです。)
よって、SGFT015の着心地はSGFT014に比べて、やや着にくさがあります。
そのために、袖幅、袖丈でシルエットを調整していますので
SGFT014をよほどタイトに着ている方以外は同じサイズで良いと思います。


是非、参考にしてください!














 



SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED


2/1(金) 23:00より予約開始いたします。(1週間程度の受付予定)

SGFT014での反省も踏まえ、今回は予約を受付後の生産にいたします。
数量限定ではありませんので、じっくりとご検討いただると幸いです。


詳しくはHPをご覧ください。


生成りの経年変化。
黄ばみと汚れ。

「汚れの美学」

是非着込んでいただきたいです!



最後にパッケージをご紹介。


馬革ヌメのレザーカバーケース





携帯して着込む。
着なくなればカバーケースに包んで無造作に置いておく。

ヌメだからホワイトシャツも汚れないし
なにより、ヌメと生成りの相性の良さ。
シャツとカバーケース。
共にエイジングされていく。





削り出しの真鍮ギボシ。




よろしくお願いいたします!










 


SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED 


多くのお問い合わせをいただきありがとうございます。

現在パッケージの調整をしており
それが終わり次第ホームページにて紹介いたします。
1月末〜2月初に予約を開始し生産をする予定でいます。

このアイテムに関してブログでのご紹介が途絶えていますが
問題なく生産をしていきますので
是非ご検討下さい。


 



SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED 


着用続き(ウォッシュ後)

サイドとバックを紹介します。













バックスタイル



 

SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED

着用(ウォッシュ後)

洗いによってギュッと縮み生地の表情が浮き出てくる。








キバタ生地
洗いざらしの雰囲気に



 



SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED

着用2(洗い前)


サイド








バックスタイル






汚れては洗い、汚れては洗い を繰り返す。

洗いこんでいく黄ばみ、汚れによる経年変化を楽しんでいただきたいです!


 
SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS UNBLEACHED


洗い前の着用紹介します。





180cm 86kg 34inch着用。

ウォッシュ前なのでワンインチアップに相当。






オフホワイトはやはりキャメルカラーに良く合います。




SGFT015 SADDLERIDE SHIRTS
SGF401 HEAVY WORK TROUSERS  ''KAKISHIBU''