2020/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 

穿き込み報告

 

SGFT077 6

 

 

dorooo1.jpg

 

 

dorooo2.jpg

 

 

dorooo3.jpg

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

 

SGFT077 5

 

 

doroo7.jpg

 

 

doroo8.jpg

 

 

 

doroo9.jpg

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

SGFT077 4

 

doroo4.jpg

 

 

doroo5.jpg

 

 

doroo6.jpg

 

 

 


 

穿き込み報告

 

 

SGFT077 3

 

doroo1.jpg

 

 

doroo2.jpg

 

 

doroo3.jpg

 

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

SGFT077  2

 

 

doro4.jpg

 

 

doro5.jpg

 

doro6.jpg

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

SGFT077 BLACK  FLANNELS  1

 

SGFT067柿渋染めの着込みの次はSGFT077泥染めのブラック

 

こちらも洗い込みも多く、だいぶ色が落ちてきた。

チャコールに近い色味に。

 

こちらはまだまだ着込みたい気持ちと、ブラックなので染直してみたい気持ちがあり

迷っている状況。

 

いえるのは、柿渋も泥染めも、着込んでいくのもよいし

染直すのもよい。

 

 

doro1.jpg

 

 

doro2.jpg

 

 

doro3.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

 

SGFT067 4

 

 

sgfkakii4.jpg

 

 

sgfkakii5.jpg

 

 

sgfkakii6.jpg

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

 

SGFT067 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

SGFT067 2

 

 

sgfkaki4.jpg

 

 

sgfkaki5.jpg

 

 

sgfkaki6.jpg

 

 

 


 

 

穿き込み報告

 

SGFT067 HEAVY FLANNELS DYED 1

 

SGFT081 FLANNELS INDIGOを紹介する前に、過去のHEAVY FLANNELSの着込みに関して紹介

 

 

SGFT067

 

特殊柿渋染めである一枚

 

着用したら洗いを繰り返し、だいぶ色が落ちてきた。

ネル独特の毛羽立ちも出始めてきた。

 

こちらは染直すというよりもまだまだ着込んでいきたい。

ダメージが出てリペアを重ねて、染め直しを検討したいが今のところ染直し無しで着込みたい気持ちのほうが強い。

 

 

 

sgfkaki1.jpg

 

 

sgfkaki2.jpg

 

 

sgfkaki3.jpg